キャッシング審査の在籍証明

キャッシング審査の在籍証明について

キャッシングの審査では、融資を行う前に在籍証明というものを行います。具体的には、消費者金融などの金融会社が、現在勤務している会社に電話をかけて本当に在籍しているかという事実を確かめる行為です、

 

本人が間違いなくその会社で働いていることが分かれば、融資を受けれるはずです。つまり在籍確認とは最後の確認と言っても過言ではないでしょう。

 

ここで、会社に電話がくることによってこれからキャッシングを利用することがバレてしまうのでは?と不安に感じる人も多いと思いますが、周囲にキャッシングを利用していることがバレないように気配りはしてくれるようです。

 

そこで一般的には金融会社の名称は名乗らず、オペレーターの個人名などで電話をかけてくるのが在籍証明という審査の特徴です。絶対に本人が電話に出なければいけないわけではありません。

 

多くの金融会社では、不在ですという返答さえもらえれば、審査は問題なしとみなすところもあります。

 

在籍証明は審査の中でも重要な部分を占めますから、確実に融資を受けるためには、会社名や会社の電話番号は正確に記入しましょう。気をつけたいのは、在籍確認ができなかったために審査に断られてしまう場合です。

 

ただし、それだけで審査に通らないケースは聞いたことがありませんが。

 

満足に電話に対応しない会社も、個人名で会社に電話をかけてきた場合、取り次がないということもあるでしょう。その際は融資が受けづらいことに発展するケースもありますので、在籍証明の電話を自分とれるように時間帯を打ち合わせしておくのも1つの手です。

 

慎重にキャッシング会社を選択することが、在籍証明の方法が気になる場合には大切です。他の人に融資を受けていることを知られたくないと話をしたときに、丁寧に相談にのって対策をしてくれるキャッシング会社からの融資が安心ではないしょうか?