キャッシングの審査

キャッシングの審査について

キャッシングの融資を受けるためには、まずはじめに審査に通過する必要があります。何が審査の基準になっているかは、各キャッシング会社ともみな同じではありませんが、おおまかな傾向はつかむことは可能です。

 

たとえばキャッシング会社の中でも、低金利で大口の融資を行っているほど、審査が厳しくなっていく傾向にあることが分かります。そこで、審査で具体的にチェックされている項目にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

その結果、キャッシングの審査には大きく分けて2つの視点があるといえます。そのひとつがスコアと言われているもので、数値データに年収や年齢、勤続年数、住居環境などをまとめたものになっているようです。

 

勤続年数は長いほど有利で、住居はアパートなどの賃貸よりも持ち家、年収はより多い方が借入審査の評価がアップする言われています。もう1つが、今までのキャッシングの利用状況や、返済状況から判断するものです。

 

借入れ中の融資で他社からお金を借りていないか、返済時の延滞などトラブルを以前に起こしていないか等を確認します。返済を長い期間にわたって途絶えてしまった人、返済できない状況に陥ったことがある人は、審査の時点で融資を拒否されてしまいます。

 

現在もしどこかで融資を受けているという状況で、次のキャッシングを利用したいと思っているのであれば、まず先に返済できるものを清算してしまいましょう。同時に複数のキャッシング会社から融資を受けている場合に下がってしまうのが審査での評価です。融資を問題なく受けるために大事なことは、審査の基準を意識することでしょう。